Profile

加藤 寛士

株式会社ナックス
取締役・製品開発担当

(株)ナックス 2003 年入社(設立)。 自動車メーカー向け燃料電池用素材の研究・開発、電気自動 車・ハイブリッド自動車向け蓄電池用素材の研究・開発、多数のサプリメント用原料の開発及び応 用研究、抗酸化作用の反応機構の解明及び抗酸化作用物質の研究、ミトコンドリア活性化物質の 開発に従事。

加藤寛士

Project

携わった主なプロジェクト

2004年自動車車載向け電気二重層キャパシタ用活性炭の研究開発を開始

2007年電気二重層キャパシタ用活性炭の生産開始・電機メーカー採用検討の研究開発を開始

2010年山梨県官公庁向け活性炭の販売を開始・電気メーカーオムロン社株式会社と電気二重層キャパシタ用活性炭の研究、開発を開始

2011年神奈川県官公庁向け活性炭の販売を開始・電気二重層キャパシタ用電極材及びそれを用いた電気二重層キャパシタ の特許を取得(特許第5030611号)

2013年健康食品素材の研究開発を開始

2015年コンデンサーメーカールビコン社と電気二重層キャパシタ用活性炭の研究 開発

2016年健康食品素材の本格生産を開始・発熱組成物及びそれを用いた温熱材の特許をフェリック株式会社と取得 (特願2012-51917)

2017 年千葉県官公庁向け活性炭の販売を開始

Blog

最近書いた記事

ミトコンドリアの働きに効果が期待できるレスベラトロール、NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)

ミトコンドリアの働きに効果が期待できるレスベラトロール、NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)

ミトコンドリアの働きに効果が期待できるレスベラトロール(赤ワインエキス末)、NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド) について書いていきます。このサプリメント素材は、ミトコンドリアの働き以外にもサーチュイン遺伝子、血糖値、記憶力などの効果も期待でき、優れたサプリメント素材になります。

既存サプリメントの機能性を向上させる還元型E-TENについて

既存サプリメントの機能性を向上させる還元型E-TENについて

2種類の既存サプリメントを使用して還元型E-TENによって既存サプリメントの機能性が向上しているかの検討について書いていきます。まず、還元型E-TENとは、「人は、呼吸で酸素を取り込み、食べ物を食べて栄養素(特に電子)を体内に取り入れ、酸化還元反応(電子のやり取り)することによってエネルギーを獲得しています。」そこでエネルギーを効率よく獲得するために電子が必要と考え安心・安全な素材で電子を供給する「還元型E-TEN」を開発しました。

栄養素の役割と還元型E-TENについて

栄養素の役割と還元型E-TENについて

栄養素の役割を自動車に例えて、それぞれの栄養素がどのような役割を果たしているのか説明していきます。また、還元型E-TENが身体に必要かについて書いていきます。
還元型E-TENとは、「人は、呼吸で酸素を取り込み、食べ物を食べて栄養素(特に電子)を体内に取り入れ、酸化還元反応(電子のやり取り)することによってエネルギーを獲得しています。」
そこでエネルギーを効率よく獲得するために電子が必要と考え安心・安全な素材で電子を供給する「還元型E-TEN」を開発しました。

身体に一番必要な栄養素”電子”と電子を放出する”還元型E-TEN”について

身体に一番必要な栄養素”電子”と電子を放出する”還元型E-TEN”について

電子は、目に見えないものです。但し人間の身体に桁外れの電子が体内にあり、なくなると身体自体が存在しなくなります。それだけ重要なものが電子となります。人は、呼吸で酸素を取り込み、食べ物を食べて栄養素を体内に取り入れ、酸化還元反応することによってエネルギーを獲得しています。そこでエネルギーを効率よく獲得するためには、電子が必要と考え安心・安全な素材で電子を供給するのが還元型E-TENです。食べ物の栄養素の中の電子を取り入れエネルギーとしています。