ミトコンドリアを活性化させる還元型E-TEN配合サプリメント

おはようございます。サプリメントの製造・販売をしている株式会社ナックスです。
今回は、若返り効果が期待できるサプリメント成分について書いていきます。今、話題のNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)からみなさまがご存知の成分について書いていきます。若返り効果について今まで書いてきましたが今回、より詳しく成分について書いていきます。

過去に書いた若返りについての仕組みの内容は、下記のURLに記載しています。

”サーチュイン遺伝子と若返り効果”についての記事

”体の老化の原因とは?若返り効果が期待できる食品と食生活”についての記事

”ミトコンドリアの活性化で期待できる若返り効果とは”についての記事

注目の若返り成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)とは

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、もともと人や生物の体内で作られている物質で、人間すべての活動に不可欠な細胞のエネルギーを生み出すために必要なものです。母乳や緑黄色野菜にも含まれており、ブロッコリーやアボカド、枝豆など食品から摂取が可能ですが、その含有量はごく微量です。なおかつ、NMNが体内で変換されるNADは、加齢とともに徐々に減少し、50代後半で若い時の半分程度になり、さらにその後も減少していくため、食事だけで補うことができなくなります。NMNは、サプリのような形で補填し、老化現象を抑制する効果が期待できます。

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)の効果・働き

注目のNMNは、老化現象を遅らせる効果が期待できます。NMNの有効性の実験で、マウスに1年間NMNを投与したところ通常のマウスに比べ、中年太り(体重増加)、加齢によるエネルギー代謝の低下、骨密度の低下、眼の機能低下など多くの臓器の低下が抑えられることがわかりました。加えて、糖尿病、アルツハイマー、心不全、腎不全などその他の疾患にも効果があることが明らかになっています。つまり、NMNによる抗老化作用が確認されました。

老化抑制の仕組みとNMNの役割は、NAD、ミトコンドリア、サーチュイン遺伝子を含めて説明します。
NMNは、ミトコンドリアでのエネルギー(ATP)産生に関与しています。ATPとは、すべての生物が生きるために使うエネルギーのことです。すべての真核細胞やほとんどの古細菌と細菌がNADを利用してATPをつくっています。NADは、ATPをつくるために必須であり、NADがなくなると生物は死んでしまいます。
また、NMNは、サーチュイン遺伝子を活性化させる働きがあります。老化抑制のメカニズムを知る上で、大切なものがサーチュインという酵素です。細菌から哺乳類まで幅広く生物に存在するたんぱく質のことで、老化・寿命の制御にかかわる特別な酵素です。

人には7種類のサーチュインがあり、全身の臓器の老化を抑制していますが、通常は休眠しています。NADは7種類すべてのサーチュインのスイッチとなります。つまり、加齢とともにNADが手かすることでサーチュインのスイッチが無くない、臓器や組織の機能が低下すると考えられています。NMNは、NAD上昇を介して、サーチュインを活性化させ老化を抑制します。

サーチュイン遺伝子についてより詳しくは、下記のURLに記載しています。

赤ワインエキス末(レスベラトロール)

ポリフェノール類のレスベラトロールも若返り効果のある成分の1つです。レスベラトロールは、サンタベリーやブドウ、ピーナッツの渋皮などに含まれるポリフェノールの一種で摂取することで老化防止、寿命を延ばすとされているサーチュイン遺伝子のスイッチを入れて、働きを活性化します。そうすることで細胞の若返りや老化の遅延を期待できるエイジングケア成分です。

ポリフェノール及びレスベラトロールに関して、より詳しくは、下記のURLに記載しています。

キノコポリフェノール

キノコ類は、今まで色々な訴求点でサプリメントの原料として活躍してきました。ここでキノコの成分の中にキノコポリフェノールという成分がありこれがサーチュインを活性化させる効果があると確認できました。
キノコを提供して頂いたシントー化学株式会社 様と聖マリアンナ医科大学病院との共同研究にてコプリヌスとヒメマツタの成分、キノコポリフェノールにもサーチュインを活性化する効果があることが確認できました。下記のURLにより詳しく掲載されています。

アムラエキス末

アムラエキス末は、南アジアでは、神聖な果実とされるものです。ピンポン玉ほどの小さなライトグリーンの実で、高さ8ⅿほどの木に鈴なりに実ります。その歴史は古く、3500年も前から美容と健康に良い「若返りフルーツ」として知られてきました。
アムラ果実は苦みや渋みが強く、そのままではとても食べやすくありません。その訳はポリフェノールが豊富に含まれているからです。ポリフェノールには抗酸化作用があるので、動脈硬化やがんなど様々な病気や老化の原因となる活性酸素の害を緩和することが期待できます。アムラエキス末は、抗酸化作用やコラーゲン産生の促進効果があります。その他にも、老化の原因である糖化を抑えることができます。
糖化は、例えるなら「身体の焦げつき」です。糖質は細胞のエネルギー源として大切な栄養素ですが、過剰になると細胞の構成成分であるたんぱく質と結合して、やがて終末糖化産物(AGE)という物質になります。このAGEが細胞のダメージを与え、老化との関係性があると考えられています。アムラエキス末に含まれるポリフェノールにはこの糖化を抑える作用が期待されています。
また、血流を改善させる作用やマウスの細胞を使った実験で、アムラエキス末は細胞の中のミトコンドリアを増やす効果が見られ、生命に必要なエネルギーを高め、全身に様々な健康効果をもたらしてくれます。

コエンザイムQ10について

コエンザイムQ10には、身体に様々な効果が期待できます。エネルギー作りを助ける作用や抗酸化作用によるところが大きいと考えられます。コエンザイムQ10 は、心疾患、高血圧、歯周病、抗がん剤の副作用軽減、免疫改善、糖尿病、パーキンソン病、運動負荷による骨格筋の保護などあげられます。
コエンザイムQ10とは、体内のあらゆる細胞にぞんざいする生命活動な補酵素で、主に肉類や魚介類などの食品に含まれる脂溶性ビタミン様化合物です。アミノ酸のチロシンと、糖代謝の中間物質でもあるアセチルCoAから体内で合成することができますが、20代をピークに体内での生成量は大幅に減少するといわれております。
コエンザイムは、体内で2つの役割があります。一つは、エネルギー代謝でミトコンドリア内にて行われるエネルギー(ATP)産生のうち、最終経路の電子伝達系で電子の受渡しに利用され、コエンザイムQ10が不足すると電子が経路中に滞り、エネルギー(ATP)産生不足の原因になります。

コエンザイムQ10についてより詳しくは、下記のURLに記載しています。

ケルセチン

ケルセチンは、野菜や果物に最も広く存在するフラボノイドであり、タマネギの黄色色素としてよく知られています。ケルセチンの主要な供給源はタマネギですが、リンゴ、サニーレタス、ブロッコリー、モロヘイヤなどからも比較的多く含まれています。
ポリフェノール類の中の大きなグループであるフラノボイドは。植物中に5000種類以上も存在することが知られ、近年の多くの研究で、抗酸化作用をはじめ、がん細胞増殖阻害作用、抗炎症作用など様々な生理機能を持つことがわかってきました。ケルセチンはフラボノイドの中でも特に強い抗酸化活性を示すため、活性酸素による酸化ストレスが関与するがん、動脈硬化、糖尿病なDの生活習慣病の予防に重要な役割を果たすものと期待されています。

ナイアシン

ナイアシンとは、ナイアシンアミド(ニコチンアミド)とナイアシン(ニコチン酸)の総称です。ナイアシンはビタミンB3と呼ばれているビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンです。ナイアシンは体内で必須アミノ酸「トリプトファン」からも作られます。トリプトファン60個から1つのナイアシンが作られます。ナイアシンの働きは、エネルギー作り、脂質や糖質の分解、皮膚・粘膜の炎症を防ぐ、神経症状を防ぐなどあげられます。
ナイアシンの効果のひとつにエネルギー産生があります。私たちが酸素を使って効率よくエネルギーをつくる時、ナイアシンが必要です。ナイアシンはNADという形でエネルギー作りに関わります。

ビタミンB及びナイアシンに関して、より詳しくは、下記のURLに記載しています。

サプリメントのOEMも承っております

この記事でご紹介させていただきました若返り効果が期待できる成分も取り扱っております。オリジナルブランドサプリメントを製造したい方は、下記のURLをご参照ください。

まとめ

あくまでもサプリメントは、栄養成分の補給・補完の食品です。一番大切なことは、バランスよく食べることです。その他にも体を動かしたり、ストレスをためない、十分に休むなどといったことも大切です。現在、生活環境が変わりなかなか上手く行かないのは、現状です。少しでも意識して生活改善していただければと思います。不足したところをサプリメントなどで補ってもらえればと思います。生活習慣が難しい方に栄養成分を下記のサプリメントで補給・補完して頂ければと思います。

加藤 寛士

加藤 寛士

株式会社ナックス 取締役・製品開発担当

()ナックス 2003 年 入社(設立) 自動車メーカー向け燃料電池用素材の研究・開発、電気自動 車・ハイブリッド自動車向け蓄電池用素材の研究・開発、多数のサプリメント用原料の開発及び応 用研究、抗酸化作用の反応機構の解明及び抗酸化作用物質の研究、サーチュイン遺伝子の仕組及びサーチュイン遺伝子の活性化についての研究、ミトコンドリア活性化物質の 開発に従事。

サプリメントのOEM・ODMはこちら
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お知らせ一覧

カテゴリー

還元型E-TEN配合サプリメント CELLA(チェッラ)
松葉末エキス+還元型E-TEN配合サプリメント・松葉+TEN
細胞・ミトコンドリアを活性化させる還元型E-TENとは
サプリメントのOEM・ODMはこちら
CELLA(チェッラ)の販売代理店募集

CONTACT

お気軽にお問い合わせください