サーチュイン遺伝子の活性化で寿命10年を延ばす

サーチュイン遺伝子の活性化で寿命10年を延ばす

サーチュイン遺伝子と呼ばれる特定の遺伝子を活性化させれば、人間の寿命は10年延びることがわかってきました。100歳まで生きる可能性のある人は、110歳まで生きられるようになります。人間を含む多くの生物に存在するサーチュイン遺伝子は、老化の原因といわれる活性酸素の発生を抑制し、免疫細胞の暴走を食い止める機能をもちます。その結果、老化の進行を遅らせることができ、寿命を延ばすことができます。活性酸素についてより詳しくは下記のURLに記載しています。 ミトコンドリアと活性酸素の関係とは?及び還元型E-TENのそれらへの可能性...