身体のエネルギーを作るミトコンドリアの働きについて

執筆者 | 2021/06/29 | ミトコンドリア, 還元型E-TEN

ミトコンドリアを活性化させる還元型E-TEN配合サプリメント

こんにちは。サプリメントの製造・販売をしている株式会社ナックスです。今回は、身体のエネルギーを作るミトコンドリアの働きとエネルギーを作りだすサプリメント原料還元型E-TENについて書いていきます。ミトコンドリアは、細胞内に存在する細胞内小器官であり、1細胞あたり100個~2000個程度含まれます。

その構造としては、外膜と内膜の二重の生体膜によって囲まれ、内部が膜間部とマトリクスという空間に分けられています。マトリクス内には、ミトコンドリアDNAが存在しています。このミトコンドリアDNAは、わずかではありますが、ミトコンドリアにおけるエネルギー生成に重要な遺伝情報を持っています。

また、運動を行う際に生体は筋肉を収縮させるための多くのエネルギーを必要とします。このエネルギーの大部分が、ミトコンドリアによる有酸素性エネルギー代謝により作り出されます。継続的な運動は、骨格筋や心筋におけるミトコンドリアの適応をもたらし、更なるエネルギー供給や疲労耐性を可能とします。

ミトコンドリアの働きとエネルギーについて

活性酸素とミトコンドリア

人間が動いたり、考えたり、人間が活動するのは、ひとえにエネルギーがあるからです。そのエネルギーを作っているのが「ミトコンドリア」と呼ばれる細胞内小器官です。
エネルギーをつくる生物がミトコンドリアでミトコンドリアがなければ、人間は存在していないです。それだけミトコンドリアは、人間にとって重要な生物です。
ミトコンドリアが増えるほど身体は、元気になります。極端な話をすると病気=ミトコンドリアが足りなくなった状態といっても過言ではありません。人間には、自然治癒力がもともと備わっていますが、治すためにはエネルギーが必要となります。エネルギーが十分にあれば、すなわちミトコンドリアが十分にあれば、病気になっても必ず健康になることができます。
ミトコンドリアを増やすためには、とてもシンプルな方法で増やすことができます。エネルギーが足りないと細胞が感じるとミトコンドリアは増えるようにできています。そのためには、ひとつは身体に寒さを感じさせること、運動によってエネルギーを消費すること、カロリー制限をすること、強めの運動を心がける、週に1回1食抜くといった習慣を続けるだけでも、約2週間でミトコンドリアは増えていきます。簡単で無理のなくミトコンドリアを増やすことができます。
ミトコンドリアが増えれば、強い身体を作ることができます。

ミトコンドリアを増やすエネルギー通貨ATPについて

ミトコンドリアは、人間が摂取した食べ物からエネルギーを取り出して、体内で利用することができるATPというエネルギー通貨に変換してくれます。このエネルギー通貨を消費することで代謝反応を進めたり、身体を動かすことができるのです。その範囲は、動物、植物、菌類の全細胞にわたります。ミトコンドリアの代謝回路は、解糖系・クエン酸回路・電子伝達系があります。

この3種類の代謝回路については、下記のURLに記載しています。

ミトコンドリアの代謝回路の電子伝達系は、解糖系とクエン酸回路で得られたNADH、FADH2を消費することで大量のATPを合成することができます。以下の反応は、ミトコンドリアの内幕で進行します。

 マトリックス内でNADH、FADH2が酸化されると高エネルギーの電子を放出します。

NADH ⇔NAD +  H + 2e
FADH⇔ FAD + 2H+ + 2e

体内で上記の電子のやりとりをして高エネルギーを作り出しています。このように酸化還元反応(電子のやり取り)が起こって、人間のエネルギーを作り出しています。ここでキーワードになるのは、電子です。電子は、還元能力があります。人は、高年齢になればなるほど、体内の機能が衰えてきます。衰えることにより上記の反応がスムーズに行かなくなり老化や疲労が進行していきます。
スムーズに反応させるには、電子が必要となります。

ミトコンドリアの働きを活発化させるサプリメント原料、還元型E-TENについて

還元型E-TEN

ミトコンドリアの働きを活発化、高エネルギーを作り生み出すには、電子が必要となることが上記の内容でわかって頂いたと思います。電子を放出するサプリメント原料は、一般的に抗酸化物質と言われるものが電子を放出する物となります。例えば有名なのがビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類、カテキン(緑茶に含まれる)、レスベラトロール(赤ワインに含まれる)などのポリフェノール類が挙げられます。

また、株式会社ナックスにて電子を放出させるために特化したサプリメント原料「還元型E-TEN」があります。下記に抗酸化物質と還元型E-TENの電子量を表にまとめました。

抗酸化物質電子量還元型E-TENを100とした場合
還元型E-TEN1.2×1022100
ビタミンC(L-アスコルビン酸)0.68×102257
アスタキサンチン0.2×102212
ビタミンE0.14×102212
ユビキノール0.14×102212
αリポ酸0.29×102224
レチノール0.21×102218
ルテイン0.21×102218
レスベラトロール0.78×102265
カテキン0.83×102269

還元型E-TENは、ビタミンCの1.7倍の電子量があります。1.7倍ということは、還元力(抗酸化力)も1.7倍ということになります。その他にもアスタキサンチン、ビタミンE、ユビキノールよりも約8倍の電子量及び還元力(抗酸化力)、αリポ酸より約4倍の電子量及び還元力(抗酸化力)、レチノール、ルテインより約5.5倍の電子量及び還元力(抗酸化力)、レスベラトロール、カテキンより約1.5倍の電子量及び還元力(抗酸化力)があります。このように還元型E-TENは、他の抗酸化物質と比較して優れた電子量となります。

まとめ

今回は、ミトコンドリアの働きについて書いていきました。ミトコンドリアは、人にとって重要な生物だと理解して頂いたと思います。ミトコンドリアの働きを活発化させるには、体内の酸化還元反応が重要、特に電子が重要だとわかって頂いたと思います。電子を放出する物質も理解いただけたと思います。電子については、難しいと思いますが今後も電子の重要性について書いていきたいと思います。

加藤 寛士

加藤 寛士

株式会社ナックス 取締役・製品開発担当

()ナックス 2003 年 入社(設立) 自動車メーカー向け燃料電池用素材の研究・開発、電気自動 車・ハイブリッド自動車向け蓄電池用素材の研究・開発、多数のサプリメント用原料の開発及び応 用研究、抗酸化作用の反応機構の解明及び抗酸化作用物質の研究、サーチュイン遺伝子の仕組及びサーチュイン遺伝子の活性化についての研究、ミトコンドリア活性化物質の 開発に従事。

サプリメントのOEM・ODMはこちら
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お知らせ一覧

カテゴリー

還元型E-TEN配合サプリメント CELLA(チェッラ)
松葉末エキス+還元型E-TEN配合サプリメント・松葉+TEN
細胞・ミトコンドリアを活性化させる還元型E-TENとは
サプリメントのOEM・ODMはこちら
CELLA(チェッラ)の販売代理店募集

CONTACT

お気軽にお問い合わせください