肌荒れの原因と解決の方法

2020年10月10日 | アンチエイジング, サプリメント, ビタミン, ミトコンドリア, 肌荒れ

今のサプリメントに満足してますか?還元型E-TEN配合サプリメントはこちら

こんにちは。サプリメントの製造・販売をしている株式会社NACSです。今回は肌荒れについて書いていきます。今現在、マスクの着用が多い中、肌荒れの問題が増えています。ここでは、肌荒れについて、原因・解決方法等書いていきます。

最初に肌とは、皮膚の表面である表皮の角質層を指しています。良い綺麗な肌は、この角質層がうるおって、なめらかに整っている状態です。カサつきなど肌荒れが気になる時は、角質層の機能が低下していると考えられます。年齢や肌の質は、季節を問わずに様々な症状で現れるのが肌荒れです。まずは自分の肌の状態や原因を確かめて、正しいケアに努めて下さい。

肌荒れについて

肌荒れとは一般的に、キメが整ってうるおいがある健康的な肌の状態に対して、肌表面がなめらかさが失われ、カサつきや肌トラブルが現れる状態です。肌が割れた感じや赤み、ニキビができるなどの表面的なトラブルをはじめ、かゆみを伴う場合があります。

肌荒れは、色々な症状があり、原因も様々です。カサつきをそのままにしておくと、見た目の印象がきになるだけでなく、深刻な症状になるため、症状や原因を見極めた手入れが重要となります。スキンケアや塗り薬など外からの手当てと合わせて、生活習慣の見直し食事の栄養素のバランスに気をつけることも必要なります。

肌荒れの症状について

肌荒れに悩む女性

次に各症状について書いていきます。肌のカサつきについては、比較的初期の症状になります。肌表面に古い角質が溜まることで肌の手触りがカサカサ、ゴワゴワしてキメが粗くなります。表面的なトラブルに見えますが、原因は、肌内部のうるおいを蓄える力が衰え、乾燥しやすくなっていることが考えられます。

冬など外気が乾燥している場合などは特に水分が奪われてカサつきやすくなります。症状が悪化すると粉を吹いたようになるなど、見た目にも荒れた印象が強くなります。年齢とともに肌の機能が低下、保湿成分が減少することから肌荒れも多くなります。

毛穴の開き

毛穴の開きも肌荒れの症状になります。黒ずんで見えたり、しずくのように縦長に開いたりして、キメの荒れた肌に見えます。原因としては、皮脂の過剰な分泌と乾燥、カレイによる肌成分の減少が考えられます。毛穴から出る皮脂は肌をうるおして、細菌などから守る大切な働きをします。20代くらいまでは分泌量が多く、毛穴に詰まって目立ってしまう場合もあります。小鼻の毛穴が目立つ場合などはこの皮脂分泌が原因となっています。

ニキビや吹き出物

ニキビ・吹き出物については、思春期に出ると思われるのがニキビですが、大人になってからも悩まされる人も多く腫れて治りにくいのが問題です。ニキビは角質が厚くなって狭くなった毛穴に皮脂やふるい角質が詰まり、炎症を起こしている状態ですが、思春期と大人のニキビは原因が異なります。思春期は過剰な皮脂分泌によるもので、額や鼻のまわりにできるのが特徴となります。大人のニキビは、ホルモンバランスや生活習慣、栄養素のバランスの要因であることがほとんどで脂性肌からできるというわけではなく、口のまわりやあごのあたりや乾燥する部分に繰り返しできやすいのが大人のニキビの特徴です。

湿疹・かゆみ

湿疹・かゆみについては、かゆみがあり、かぶれや細かいブツブツが比較的広い部分にでる症状です。様々な場所に出て、悪化することがあります。原因は人によって様々で、花粉や大気汚染をはじめ、特定の物質に過剰に反応して発生し、自分の皮脂が酸化してかぶれてしまうことがあります。肌の保湿成分の減少も一因と考えられます。生活環境や体調の変化も引き金になります。女性の更年期などには湿疹やかゆみが起こりやすくなります。

肌の赤み

ヒリヒリするような感じが強くあり、肌に赤みが見られる症状は、外部からの刺激から肌を守りバリア機能の低下から起こりやすくなります。顔全体が赤い場合は、皮膚が薄く、気温や陽射しの影響が原因となっていることがあります、また、特定の物質へのアレルギーによる反応のケースもあります。

皮膚炎

肌表面の皮膚が炎症を起こす症状になります。赤く腫れ、かゆみや痛みなどを伴うこともあります。肌には、外部の刺激から守るバリア機能がありますが、紫外線や細菌などが侵入すると異物を外に出そうとして反応し、皮膚炎をおこします。

還元型E-TEN配合サプリメント CELLA(チェッラ)

肌荒れの原因

寝不足の女性

ビタミンB群の不足と栄養バランス

肌荒れの原因をここでは簡単に書いていきます。一つ目は、栄養バランスです。特にビタミンB群の不足で肌荒れしやすい状態になります。

ビタミンB群についてはより詳しくは下記のURLに記載しています。

肌のひとつひとつの細胞は、食事から摂取した栄養素をもとに育まれ、健康状態を維持しています。偏った食事が続く、肌が荒れてニキビが出始めるこれは、栄養バランスの乱れが原因となります。

乱れた生活習慣

次に肌荒れの原因は、生活習慣となります。肌のためにはやはり、早寝早起きが理想となります。肌は主に、睡眠中に細胞分裂と再生を繰り返しています。夜更かしや寝不足が続いて生活が不規則になると、細胞分裂と再生の機能がスムーズに行われなくまた、ホルモンの分泌や神経系統が混乱します。肌荒れやニキビがおこりやすくなります。

ストレスと活性酸素

ストレスも肌荒れの要因となります。ストレスが肌によくないとされる理由は、ストレスが溜まることにより体内のめぐりが滞り、そして活性酸素が発生しやすなります。活性酸素除去についてより詳しくは下記のURLに記載しています。

ストレスを受けると体内に活性酸素が発生します。活性酸素は細胞を傷つけ免疫力を低下させることから、肌が本来の機能を発揮しづらくなり、肌荒れやニキビ・吹き出物ができやすくなるのです。

ホルモンバランス

ホルモンバランスの変化も肌荒れの原因となります。生理前に肌荒れやニキビができやすくなるのは、女性の悩みのひとつとなります。この症状は生理前に分泌される女性ホルモンのひとつ黄体ホルモンの影響によるものです。肌がデリケートになり、皮脂の分泌が増えることからトラブルになりがちです。生理が終わると肌が調子よくなるのは、女性ホルモン・エストロゲンの作用となります。40前後から急激にその量は減少します。肌荒れや肌老化の一因にもなっています。年齢だけでなく、ライフスタイルの乱れや無理なダイエットなどにより若年層でもエストロゲンは減少、ホルモンバランスが乱れる傾向があります。50才代でも食事や生活習慣で肌荒れや老化をカバーすることができます。

紫外線の影響

肌のダメージが大きい外的要因は紫外線です。肌は紫外線を浴びると、細胞の遺伝子やコラーゲンが破壊されてダメージを加速させます。日焼けして炎症状態になるだけではなく、肌機能の正常な働きを妨げる活性酸素を発生。免疫力にも影響するなど、肌にとって避けなければなりません。

花粉・大気汚染

体内に異物が侵入することにより、免疫機能が過剰に反応して、肌荒れを起こします。花粉症の季節だけでなく、様々な植物の花粉や大気汚染の影響で、一年中かゆみや湿疹、赤みなどの肌荒れ症状を感じるケースが増えています。花粉や大気汚染による肌荒れは、アレルギーによるものとなります。ある特定の物質に対して敏感に反応している状態となります。

還元型E-TEN配合サプリメント CELLA(チェッラ)

肌荒れの改善と予防について

肌の綺麗な女性

肌荒れの改善予防には、バランスのとれた栄養補給が基本となります。健康な肌細胞を作るためにも、毎日の食事の内容が大事になります。次に肌荒れを防ぐのに大事な食事の栄養素について書いていきます。

肌荒れ防止に必要な栄養素”ビタミンB群”

肌荒れ予防に重要な栄養素は、特にビタミンB群となります。その中でも「美肌ビタミン」と呼ばれるのがビタミンB2は、皮膚の健康にもっとも関係が深い成分となります。

ビタミンB群についてより詳しくは下記のURLに記載しています。

肌をつくる材料となるたんぱく質や脂質、炭水化物(糖質)の代謝に関わり、ターンオーバーをサポートします。細胞の再生を促し、なめらかに整った肌に再生されます。脂っこい料理が好きな方、激しい運動や仕事でつかれた時、また妊娠中などはビタミンB2が不足がちなので摂取することにこころ掛けましょう。皮膚炎の予防に働くビタミンB6も欠かせない成分です。ビタミンB2とともに皮脂を調整し、ニキビも改善します。ビタミンB群は体に蓄積されにくいため、毎日の補給が必要となります。ビタミンB群の効果が実感しやすいのは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6を一緒に摂取することとされています。食事で補えない場合は、サプリメントで補給するのもお勧めです。

肌荒れ防止に必要な栄養素・他のビタミン類も重要

コラーゲン生成に働くビタミンCは、美肌を維持する成分、パントテン酸と一緒にとるとさらに免疫力を強化します。抗酸化作用のあるビタミンA,血行を促すビタミンEも生き生きとした肌へと導いてくれます。ビタミン類は肌に重要な栄養素なのでマルチビタミンを摂取することをお勧めします。

ビタミンCについてより詳しくは下記のURLに記載しています。

免疫力についてより詳しくは下記のURLに記載しています。

パントテン酸についてより詳しくは下記のURLに記載しています。

抗酸化作用についてより詳しくは下記のURLに記載しています。

栄養素以外の肌荒れ予防について

肌の保湿・スキンケア

食事の栄養素以外に肌荒れの予防が必要です。スキンケアです。綺麗な肌の基本は、徹底した保湿ケアになります。常に外気と接し、乾燥や刺激とたたかっている素肌。外側からも徹底して保湿ケアをする習慣が水分の蒸発を防ぎ、なめらかな肌を守ります。

質の高い睡眠

次に質の高い睡眠です。肌は日々寝ている間に細胞分裂と再生を繰り返し、修復されています。日中受けたダメージを残すことなく、肌荒れを予防するには“質の高い睡眠”が必要なのです。肌のゴールデンタイムとして22時~翌2時の間に寝ているといいとされています。大切なのは、同じ時間帯に寝る習慣。いつも規則正しい時間に寝ていることで体内時計が整って、肌を育む成長ホルモンがより分泌されやすくなるからです。毎日6時間以上はぐっすり眠るように心掛けましょう。

運動習慣

運動習慣も大切です。肌荒れの引き金にもなるストレスを解消するためにも、からだを動かす習慣を取り入れた方が良いです。ウォーキングやヨガ、ストレッチなど軽めの運動が効果的です。からだをほぐして酸素をたっぷりと体内に取り込むことで、めぐりが整い、気持ちも和らぎます。

還元型E-TEN配合サプリメント CELLA(チェッラ)

肌荒れのもう一つの解決方法はミトコンドリアを活性化

体内細胞とミトコンドリア

これまで多くミトコンドリアについて書いてきましたが、肌もやはりミトコンドリアの要因が大きいです。肌の状態は完璧な状態を中心に、毛穴が開いたり、張りがなくなったり、乾燥したりと右に左に揺れ動いています。肌の揺らぎを止めるにはミトコンドリアを活性化して活性酸素の産生を抑えることが重要となります。

ミトコンドリアの活性化についてより詳しくは下記のURLに記載しています。

ミトコンドリアと活性酸素の関係についてより詳しくは下記のURLに記載しています。

ここでは、簡単に肌もミトコンドリアを活性化させることによって活性酸素の除去及び抑制することができます。ミトコンドリアを活性化させる栄養素とり、肌荒れ防止に役立てていただければと思います。

まとめ

あくまでもサプリメントは、栄養成分の補給・補完の食品です。一番大切なことは、バランスよく食べることです。その他にも体を動かしたり、ストレスをためない、十分に休むなどといったことも大切です。現在、生活環境が変わりなかなか上手く行かないのは、現状です。少しでも意識して生活改善していただければと思います。

不足したところをサプリメントなどで補ってもらえればと思います。

生活習慣が難しい方に栄養成分を下記のサプリメントで補給・補完して頂ければと思います。

還元型E-TEN配合サプリメント

CELLA(チェッラ)

株式会社ナックスが開発した還元型E-TEN配合のCELLA(チェッラ)。還元型E-TENは、見慣れない成分ですが、ミネラルとビタミンの両方の力が備わった成分です。その他にもマカエキス末、赤ワインエキス末、コエンザイムQ10などの成分が入っています。

肌荒れ・若返りの関連記事

サーチュイン遺伝子と若返りの関係

長寿遺伝子とも呼ばれているサーチュイン遺伝子をご存知でしょうか。サーチュイン遺伝子が活性化するとミトコンドリアが増え、古くなったミトコンドリアが除去されるオートファジーという機構が働きます。この記事ではサーチュイン遺伝子・ミトコンドリア・アンチエイジングの関係を紹介します。

サーチュイン遺伝子
サプリメントのOEM・ODMはこちら
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お知らせ一覧

カテゴリー

還元型E-TEN配合サプリメント CELLA(チェッラ)
細胞・ミトコンドリアを活性化させる還元型E-TENとは
サプリメントのOEM・ODMはこちら
CELLA(チェッラ)の販売代理店募集
株式会社NACS

株式会社NACS

サプリメントの原材料の自社開発からサプリメントの製造・販売、OEM・ODM販売を行っております。他、化粧品の製造・販売や活性炭・ペレットストーブなど人と環境に配慮した事業を多数展開しております。富士山の麓から全国へ人と環境に優しい社会を目指して活動していきます。

j

CONTACT

お気軽にお問い合わせください